Text Size : A A A
|News|Schedule |New Item |Memo |Diary|Gallery|Bbs|About|Link|Contact|
Img_f75b2e68a8a104188451e937638b999b
写真は完成品置き場。
まもなくの大阪二人展、年明けのぎゃらりーマドベさんでの個展に向けて
もりもり作っています!
Img_5e4404758c86477b45d6c8d5d053d483
Img_638605f3f463e5953836930cc1178e1a
Img_a93b59a58561727a23d259a1f200076b
新年明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

今年バージョンのオウムタグはどんな風にしようかなと実験中です!
今年も頑張って制作します。よろしくお願いいたします。
Img_df45f785b193558e76bcd04bf27b43ee
あっという間の一年。
作って作って作っての日々の中、
展示やイベント、そこで出会った笑顔やお客様の言葉、お世話になった方々の存在、様々な人との出会いや仲間たちの姿が彩りを与えてくれました。
今年は色々な地でお仕事をさせていただき、初めての景色もたくさん見ることが叶いました。
まだまだ未熟な私ですが、どなたかの心にぽっと何かが灯せるような作品が作れますように
来年もがんばって参ります。
本年はありがとうございました!
Img_8a2e8284426f7c4294ea5e7406d83a29
Img_01800a70bf76c9b600db875a654e3525
Img_b611e5ae969fed2005f38dab82426e26
Img_7c9d00118a3e85e4b1b934c193344a12
Img_7ccf2354bc3441cdffd588dd008d936c
Img_013d169dc2368da0d6dce8ef742e67a7
時間とともに風雨が強まったのか、犬島がそういう島なのか…
これは嵐!というレベルの天候でした。
あちこち歩き回るのは無理だねということになり、

091 犬島精錬所美術館 三分一博志/柳幸典  (Click!) 
にだけ。
屋外もぐるぐるするとなるとまあまあ時間もかかったのでそれで丁度良かったかも。
写真からも少しは伝わりますかね、異世界。
静かな巨大な廃墟。かつて多くの人がここで精錬に携わっていたのですね。
廃墟マニアの方におすすめしたいです。
荒天がより犬島を魅力的にしていました。

チケットセンターのショップ、文具などが男女問わず使えそうなデザインで
かっこよくてよかったです。
鉛筆やトートバッグ、手ぬぐいなどいろいろ買いました。
ショップ→  (Click!) 

こちらの犬島精練所美術館もそうですが、
瀬戸芸の期間が終わった後も見られるスポットが多数あります。
会期中に行かれなかった方も、そういうスポットめぐりも楽しいかと思います。


さて、荒天の犬島を後にして、私たちは帰路につきました。
旅の後半にもなると、それぞれの仕事のことがみな頭をよぎるように。
作ることが好きで作ることを仕事にして、毎日作ることが中心のメンバーですから、
数日作らないだけで「作りたい」という気持ちに。

私も、いつもお休みなしでずーっと作っているものですから、
その間は「旅にでも出たいなあ」と現実逃避をしたりもします。
けれど旅をしてアートに触れて数日。
作りたくてたまらなくなるんですよね。不思議。

今回の旅、違うジャンルのモノづくり仲間とのものだったので、
いろいろな刺激もたくさん受けました。
またいつか、遠くのお仕事先の帰りなどどこか旅をしたりしたいです。
旅の最終日。
この日は朝から生憎の雨。
フェリーに乗る前に合羽を購入。

017 100年の闇ほか 木下晋  (Click!) 
国内最後の盲目の旅芸人小林ハルさんがモデルの絵など。

いろいろと資料が置いてありまして、
小林ハルさんの壮絶な人生についての文章を読みました。
涙なしではとても読めません。
強さとは、運命とは。

木下晋さんの鉛筆画の小林ハルさん。
髪の毛一本一本にも「ハルさんお疲れ様でした」と伝えたいと思いました。
その時読んだ文章とは異なりますが、ウィキペディアに小林ハルさんの生涯について書いてありました。  (Click!) 

「いい人と歩けば祭り、悪い人と歩けば修行」
どんなことも、それもひとつじゃふたつじゃないことを、
受け入れ心の内に納めてきた小林ハルさんの言葉です。

018 豊島横尾館 横尾忠則/永山祐子  (Click!) 
すごくよかった!!
自分の感じたことが適切なのかわかりませんが、
派手で強烈で異界!
詳しく紹介しているところを見つけました。→  (Click!) 

Img_e0bb1aac7ac3b7499dc3bc83237a169e
Img_71ceed7cdf75e5c3ddf057190125ff20
018 豊島横尾館 横尾忠則/永山祐子
Img_de4b573c52749326bd309d238a974221
続きまして、
024 ストーム・ハウス ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー
若い女子たちが怖がっていましたが、
通称雷都の宇都宮在住の私には余裕でした。笑
Img_443bf12eeef54aef2413a1f9206238ea
024 ストーム・ハウス ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー
Img_acd25c6ab65917516759d7efef920299
021 空の粒子/唐櫃 青木野枝
Img_0afb430aca7c0dedb636d7b07cbe920b
025 豊島美術館 内藤礼/西沢立衛  (Click!) 
時間を忘れます。
床から染み出してきた水が流れて集まって…
この日は雨だったので、雨ならではの光景が見られたのかもしれません。
晴れた日にも行ってみたいです。
カフェとショップもありますよ。
アートスペースの撮影は禁止のため、カフェのごはんの写真です。

豊島美術館ホームページ→  (Click!) 
Img_2ce73ac242f7e7e775750d691c78fc7e
Img_cbadf85db54a551cd73a10edd5ef6ce4
025 豊島美術館にて
Img_b65f768319c9311ae4286ed29b9f3d78
025 豊島美術館にて
Img_605c5d59453a6afc94ff7af4ae1b6121
雨の島もいいね。